利用できる場所

和装の新郎新婦

神前式は神社で挙げるイメージを持っている人も多いと思います。ただ実際には神社ばかりではなく、ホテルや結婚式場でも挙げることが出来ます。 そもそも神前式とは日本の民族宗教である神道の神様の前で、永遠の愛を誓う結婚式のことです。ですから、神様が鎮座されているところであれば、どこであっても挙げることが出来ます。 ホテルや結婚式場で挙げる場合に言えることは、他の結婚式と同様のきめ細やかなサービスを受けられるということです。また一連に必要な費用がプランとしてパックになっているので、準備もしやすいです。 神社で挙げる良さは神前式ならではの雰囲気を存分に味わえることです。 原則的に日本全国どこの神社であっても結婚式を挙げることはできます。しかし、非常に小さい神社や人里離れた神社では物理的に無理な場合もあります。そうした点は事前に確認しておくとよいでしょう。 大きな神社であれば、披露宴会場を併設されているところもあります。そうしたところであれば、ホテルや結婚式場と同じサービスも受けられます。神社ならではの、控室から拝殿まで神主さんや巫女さんに導かれながらの結婚行列を行うことも出来ます。

日本では結婚式といえばキリスト教式の結婚式をイメージする人が殆どというほど、キリスト教式の結婚式が定着しています。しかし個性的な結婚式を望む声は年々強くなっていて、結婚式のスタイルも多種多様になってきています。 さらに日本人として日本人らしい結婚式を挙げたいというニーズも高まっていて、そうした人たちに神前式は人気になっています。 ただキリスト教式に比べれば少数派である神前式は、その費用についてあまり把握していない人も多く、実際にはどの程度費用がかかるのか心配な人もいると思います。そこで、平均的な費用の相場について紹介します。 一般的に行われている結婚式の中では、比較的低価格で挙げることが出来るといわれています。結婚式には挙式そのものの費用以外にも諸経費かかりますが、披露宴などの費用を除いた挙式費用としては、神前式は20〜30万円ほどが平均的な相場です。