ムービーによる思い出

浜辺の外国人の花嫁

産まれた時の写真から現在に至るまで、たくさんの写真があります。 まずは、産まれた時の写真は必ずいれます。 両親や、兄弟が一緒に写っていると その時の記憶がよみがえって泣けます。 結婚式には、親兄弟の他、親戚や友人、恩師、会社関係の方たちも出席されている事もあります。 結婚式に出席して頂いた方たちみんなが、関連する写真をスライドショーのムービーに入れると、結婚式に参加しているんだと実感出来て、招待者は嬉しいものです。 普段はあらたまって言えない、ありがとうの言葉などを写真と一緒にムービーに入れると感動します。 写真と言葉を音楽にのせて、ムービーで流すことで、想像力が高まります。 そして、思い出がよみがえり、泣けます。

写真のスライドショーを作るなら、自宅のパソコンで、わりと簡単に作ることも出来ます。 結婚式の打ち合わせ等で、忙しい時期ではありますが、1枚1枚写真を選び、コメントを考える作業は、出席して頂いた方たちの事を改めて考えるいい機会となります。 ムービーを流す時間は、お色直しで新郎新婦が席を外している時がお薦めです。 ムービーを見た後は、新郎新婦について親近感が高まっているので、お色直しが終わった新郎新婦が入場し、キャンドルサービスで各テーブルを回っての記念撮影も、よりいっそう和やかに進みそうです。 また、結婚披露宴の最後に、当日の結婚式の様子をムービーで流すと、式には参列出来なかった招待者に見ていただく事が出来ます。 エンドロールで披露宴の招待者の名前を流します。 招待者は自分の名前が出てくると嬉しく感じます。